2020年08月15日

事前にしっておきたい!農地や年金を誰に相続するか生前に決めておくには?

家族信託をご検討されているお客様からのご相談で、「年金や農地も家族信託で認知症対策・相続対策しておきたい」というご要望をいただくことがございます。 家族信託は非常に自由度が高く「なんでもできる」と思われる方も多いと思いますが、家族信託での対策に向かない財産もあります。 その代表的な財産が「農地」と「年金」です。 ここで... 続きはこちら≫

2020年08月14日

絶対に知っておきたい!遺言書と家族信託の違い2つ!

遺言書と家族信託の違いは主に下記になります。 ①優先度 ②効果を持つ期間 では具体的に遺言書と家族信託でどのような違いがあるのか説明します。 ①優先度 家族信託は遺言書よりも優先されます。 遺言書・家族信託共に財産の承継先を生前に決めておくことができますが、 もし遺言書では実家を長男に、家族信託契約では実家を次男にと財... 続きはこちら≫

2020年08月13日

知らなきゃ損する!?生前贈与を受けていると相続時に貰える財産が減るの?

相続人が被相続人から生前贈与を受けていた場合、被相続人が亡くなり相続が発生した際に、貰える財産が減ってしまうのでしょうか。 特別受益にあたる場合は注意が必要です! 特別受益にあたる生前贈与によって、他の相続人が遺留分に相当する財産を受け取ることができなかった場合、遺留分権利者にあたる他の相続人は、遺留分を侵害されたとし... 続きはこちら≫

2020年08月12日

生前贈与のルールを解説!誰にでもいくらでもできるの!?

生前贈与は、誰にでも、いくらでもできます。 ただし、一定額を超えてもらった場合には、贈与税を支払わなくてはなりません。 贈与税には110万円の基礎控除額がありますが、年間で110万円以上もらった場合には、翌年の2月1日~3月15日までに、贈与税の申告及び納税を行う必要があります。 例えば、父から100万円、母から50万... 続きはこちら≫

2020年08月12日

完全マニュアル!家族信託の手続き一覧と思わぬ注意点とは!?

家族信託の手続き 時系列に並べていますので、この通りに進めていけば家族信託の手続きを完了させることができます。 (1)家族信託の目的と内容を話し合って決める 家族信託をどういう目的で行うのか、どの財産を信託するのか等の家族信託の設計方法については十分な話し合いが必要です。誰もが納得できる形を模索して家族信託の内容を取り... 続きはこちら≫

2020年08月11日

あまり知られていない?生前贈与は親族以外にもできるの?他人にもできるの?

生前贈与は、誰にでも、いくらでもできます。 ただし、一定額を超えてもらった場合には、贈与税を支払わなくてはなりません。 贈与税には110万円の基礎控除額がありますが、年間で110万円以上もらった場合には、翌年の2月1日~3月15日までに、贈与税の申告及び納税を行う必要があります。 例えば、父から100万円、母から50万... 続きはこちら≫

2020年08月09日

財産も認知症対策しておかないと大変なことに!?

意外と知らない認知症のリスク 多くの方が認知症対策と言われて想像することは、認知症にならないような健康管理だと思います。 しかし、財産(実家、預貯金、株式等々)においても認知症対策をしておかないと大変なことになっていまうリスクを抱えていることはご存知でしょうか? 認知症を発症してしまうと、預貯金を銀行口座から出金するこ... 続きはこちら≫

2020年08月08日

完全マニュアル!家族信託の手続きの6つの流れを徹底解説!

家族信託の手続き 時系列に並べていますので、この通りに進めていけば家族信託の手続きを完了させることができます。 (1)家族信託の目的と内容を話し合って決める 家族信託をどういう目的で行うのか、どの財産を信託するのか等の家族信託の設計方法については十分な話し合いが必要です。誰もが納得できる形を模索して家族信託の内容を取り... 続きはこちら≫

2020年08月07日

家族信託は自分でできる?気を付けなければいけない2つの注意点とは?

家族信託を利用したいけれども、「費用は抑えたい」「なるべく専門家の手を借りず自分自身でできないものか」と考える方も少なくないかと思います。 しかし家族信託は難易度が高い法手続きです。 家族信託の契約書を作成するためには相当勉強しなければなりませんし、実際に学んでみるととても難しいことが実感できるかと思います。 正直なと... 続きはこちら≫

2020年08月07日

将来の財産承継を事前に決めておける!家族信託で孫に財産を承継する方法と事例

状況 Aさん(ご本人様)の一人息子は離婚をしていて、前妻との間に子どもがいます。 また、息子は再婚し現在の妻との間にも子どもがいます。 Aさんはご自身の資産の一部を生前全贈で息子に承継しようと、考えていましたが 生前贈与で息子に渡すと、将来、相続が発生した際に前妻との間の子供へも遺産として財産が承継されてしまうことを懸... 続きはこちら≫