“認知症対策”刈谷安城・家族信託相談室

家族信託、認知症対策に関するご相談 お気軽にお問い合わせください TEL:0120-130-914 電話受付24時間365日(面談は要予約)

webからの無料相談はこちら

「預貯金が引きおろせない」「自宅・実家が売れない」「将来は施設に入りたい」 お客様の叶えたい思いを“家族信託”でサポートします。夜間や土曜にも対応。

無料相談を申し込む

家族信託の無料相談受付中 TEL:0120-130-914

無料相談の詳細はこちら

よくご相談いただく家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却
  • 空き家対策
  • 施設入所
  • アパート管理
  • 事業継承対策

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き巣対策には家族信託が有効!
  • NHKあさイチで話題沸騰!

    クリックはこちら

  • 司法書士による家族信託の解決事例

司法書士あいち司法&相続が選ばれる理由

  • 司法書士3名、行政書士3名の充実体制
  • 相続・遺言専門の司法書士事務所
  • 地域密着の司法書士・行政書士事務所
家族信託の最新ニュース

詳しくはこちら

解決事例

詳しくはこちら

当事務所では家族信託に関するセミナー・勉強会を多数開催しております。ご興味のある方は過去セミナーの様子をご覧ください。

代表の挨拶

代表 今井 裕司(イマイ ユウジ)

代表 今井 裕司(イマイ ユウジ)

 「相続について考える」とは、どのような事を考え、どのような対策を取ればいいのでしょうか。

 「相続税対策」という言葉はとてもポピュラーですが、もちろん相続税のことだけを考えればいいという訳ではありません。核家族化にともなう価値観の変化や情報化社会による権利意識の高まりによって、相続発生後の遺産分け(遺産分割協議)における紛争は、年々増加する傾向にあります。したがって、この点についても何か対策を講じたいところです。

 今後、実に5人に1人が65歳以上の高齢者となる超高齢化社会への道を進んでいる日本においては、認知症患者も増えると予測されますので、認知症になった時に自身の財産をどう管理し、後世に引き継いでいくのかも重要な課題です。

 つまり、「相続について考える」という事は、生前におけるご自身の「財産管理」について考える事に他ならないと、私は考えます。そして、近い将来「財産管理」について考えることが当たり前の時代がやってくるものと確信しています。そのために「民事信託・家族信託」という選択肢をひとつ持っておくことを私は推奨します。

よくご覧頂いている当事務所のQ&A

  • 1. 家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい
  • 回答を
    見る
  • 2. 家族信託って認知症になってもできる?
  • 回答を
    見る
  • 3. 遺言を書いておけば家族信託しなくていいの?
  • 回答を
    見る
  • 4. 家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?
  • 回答を
    見る

家族信託~目次~

当ホームページでは家族信託(民事信託)を専門とする司法書士による情報提供を行っております。下記をクリックしていただきますと、当該ページへ移動します。

新着情報

よくご相談いただく
家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却
  • 空き巣対策
  • 施設入所
  • アパート管理
  • 事業承継対策

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き巣対策には家族信託が有効!
  • NHKあさイチで話題沸騰!
  • 司法書士による家族信託の解決事例

司法書士あいち司法&相続が選ばれる理由

司法書士3名、行政書士3名の充実体制
相続・遺言専属の司法書士事務所
地域密着の司法書士・行政書士事務所

代表の挨拶

今井 裕司(イマイ ユウジ)

代表 今井 裕司(イマイ ユウジ)

 「相続について考える」とは、どのような事を考え、どのような対策を取ればいいのでしょうか。

 「相続税対策」という言葉はとてもポピュラーですが、もちろん相続税のことだけを考えればいいという訳ではありません。核家族化にともなう価値観の変化や情報化社会による権利意識の高まりによって、相続発生後の遺産分け(遺産分割協議)における紛争は、年々増加する傾向にあります。したがって、この点についても何か対策を講じたいところです。

 今後、実に5人に1人が65歳以上の高齢者となる超高齢化社会への道を進んでいる日本においては、認知症患者も増えると予測されますので、認知症になった時に自身の財産をどう管理し、後世に引き継いでいくのかも重要な課題です。

 つまり、「相続について考える」という事は、生前におけるご自身の「財産管理」について考える事に他ならないと、私は考えます。そして、近い将来「財産管理」について考えることが当たり前の時代がやってくるものと確信しています。そのために「民事信託・家族信託」という選択肢をひとつ持っておくことを私は推奨します。

よくご覧頂いている当事務所のQ&A

1. 家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい

2. 家族信託って認知症になってからもできる?

3. 遺言を書いておけば家族信託しなくていいの?

4. 家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?

5. 家族信託と成年後見の違いってなに?